コーチングを京都で学びたい方へ coaching kyoto chapter

昨日(日曜日)の京都チャプター3月例会は、<毎日が達人コーチが備える力>「当事者意識を持たせる力」でした。

「当事者意識」はとても大切です。
その反対の語句は何でしょうか?
他人事気質、指示待ち人、お客様意識、客人意識、受け身意識、アルバイト感覚、お手伝い意識 など、人により見え方は違うでしょう。

今回はセミナーで使う言葉を、「当事者意識」を「アカウンタビリティ」
それに対する言葉として「ヴィクティム」としました。

「ヴィクティム」の時には、能力が発揮できていないですね。

「ヴィクティム」は、どんな状況や心理状態の時になりやすいでしょうか?
また、「アカウンタビリティ」は?

そして、「ヴィクティム」から「アカウンタビリティ」に変化させるには何をすればよいでしょうか?

自分自身を変化させるため、
そして、部署のメンバーを変化させるために何をしたらよいでしょうか?

「これをやれば大丈夫」というものはありません。
悪循環に陥った時、自分にどんな質問をすると抜け出せるかを問い続けて前向きに挑戦してください。

DSCF004216

DSCF004228

DSCF004232

次回は、5月24日(日)です。(4月は定休月です)
テーマ「「個」を活かす力」です。
参加をお待ちしています。
(すでに 申込みフォームからお申込み可能です)

2015年3月例会 毎日が達人コーチ~職場を活性化させる達人コーチのマネジメント力~「当事者意識を持たせる力」

講師  代表   戸田 紳司氏

□日 時□ 2015年3月22日(日)13:30~16:30
□場 所□ ウィングス京都 2階 ビデオシアター
□参加費□ 正会員2,000円  一般3,000円

【感想】kyoto20150322
1.本日のセミナー全体の感想をお聞かせください。
・アカウンタビリティの状態にもっていくキーワードが見つかりました(匿名 女性)
・他の人の考えをたくさん聞けたこと。自分の感情を出せたことがよかったです(Y様 女性)
・視野を広げて物事を見る事が大切と知れた(U・J様 女性)

2.本日のセミナーでもっとも役立ったことは何ですか?
・ヴィクティムを認識すること。ここから始まる。(I・K様 男性)
・これまで自分で抱え込んできたことに今後人に話すことはないだろうと思ってたことをすんなりと話せることに気づいたこと(H・S様 男性)
・アカウンタビリティとヴィクティムをつなぐ「キーワード」(原邊 隆繁 様 男性)

3.明日からさっそく行動しようと思ったことは何ですか?
・人の話をきく、楽しみをもって会話をする(N・Y様 男性)
・自分は幸せだと周囲に伝えようと思います(S・K様 女性)
・自分の感情に向き合う。相手に関心を持つ、自分から声をかけていく(Y様 女性)

4.今後どのようなテーマであれば参加したいですか?日本コーチ協会京都チャプターに期待すること、運営についてお気づきの点など、お聞かせください。
・何でも勉強させてもらいます。よろしくお願いします(原邊 隆繁 様 男性)
・とにかく今年1年参加してみようと思っている初心者ですので、テーマによらず参加したいです(匿名 女性)
・とても楽しかったのでもっと若ければ、講師になりたいと思いました(S・K様 女性)