コーチングを京都で学びたい方へ coaching kyoto chapter

6月26日(日曜日)の京都チャプター2016年6月例会は、
   組織活性化コーチング~人材マネジメントの視点から~
       「苦手な部下を育てるコーチング」

でした。

2016年1年間の通しテーマは、『組織活性化コーチング~人材マネジメントの視点から~』です。
職場や地域、家庭といった組織をイキイキと活性化させる方法を一緒に考えていきます。
組織の目的実現のために、「人を生かして」成果を上げる考え方と行動をクライアントから引き出す、
そして、「人を生かすことで組織を活かす」コミュニケーション技法としてコーチングを学んでいきます。


 リーダーは、リーダーとしての行動に苦手な部下から影響を受けず、そのような部下を排除するのではなく共存を目指します。

 今回は、部下とチームの活動を前に進めるためのコーチングをする前の関係を整える段階のトレーニングをしました。

 苦手と思ってしまう部下の行動パターンを3つ(攻撃的タイプ、不平不満タイプ、沈黙タイプ)に分け、それぞれの人たちとコミュニケーションを創り出す練習をしました。
 練習をするためには、3つのタイプの人が目の前にいなくてはできません。
 そのため、グループ内で互いにその役になりきった迫真の演技をして練習相手となりました。

 苦手な部下は、どのような行動をするから苦手なのでしょうか?
 彼や彼女は何を伝えたくてそのような行動をするのでしょうか?

 リーダーは、苦手な部下から影響を受けず、共存するために、
 自分自身に問いかけるたった一つの質問があるとしたら、
 どのような質問でしょうか?

DSCF006387

DSCF006407

DSCF006399-2

DSCF006412-2

DSCF006411-2

次回は7月24日(日)です。
テーマ「部下のヤル気を上げるコーチング」です。
参加をお待ちしています。
(すでに 申込みフォームからお申込み可能です)

2016年6月例会 組織活性化コーチング~人材マネジメントの視点から~「苦手な部下を育てるコーチング」

講師  京都チャプター運営メンバー    高橋 美佐氏

□日 時□ 2016年6月26日(日)13:30~16:30
□場 所□ ウィングス京都 2階 セミナー室B
□参加費□ 正会員2,000円  一般3,000円

kyoto20160626

1.本日のセミナー全体の感想をお聞かせください。

・楽しいセミナーで楽しいロールプレイとグループの皆さんで多くの学びを得られました。ありがとうございました。(M・S様 女性)
・自分が困っているタイプ以外に、自分がどのタイプにあてはまるか考えながらロールプレイをすることができてよかった。(匿名 女性)
・講義とロールプレイのバランスがよくわかりやすかったです。コミュニケーションは50%50%ということで、相手のこともそうですが、自分のことも考える。(N・Y様 女性)
・話しがしやすい安心感のもと、内容の濃いセミナーでした。(成宮 清二 様 男性)
・参加者の方々皆明るく、充実してると思いました。言葉や思いを伝えられる方が多い。(石田 秀人 様 男性)

2.本日のセミナーでもっとも役立ったことは何ですか?

・メンバーの中から出ている不満は氷山の一角であり、その底にある不満を聞きだす必要があると言われたことが印象に残りました。(匿名 女性)
・沈黙タイプによるコミュニケーションスキルを学べたことです。(庄 康余 様 女性)
・パターンの特徴を体験することで、相手の気持ちが少しわかりました。(Y・M様 女性)
・相手の背景を理解して、相手の感情に巻き込まれないようにしていきたいです。(山田 友紀 様 女性)
・いかに会話のキャッチボールを行えるか?(T・I様 女性)

3.明日からさっそく行動しようと思ったことは何ですか?

・相手のことをきちんとみて、考えてお話すること。(Y・E様 女性)
・自己主張する前に、相手の思いを受けとめようと思います。(Y・K様 女性)
・きちんと話しを聞くこととふりまわされないこと。(匿名 女性)
・コーチングで基本に返る意識を持ちたいです。(小橋 広市 様 男性)
・聴く。冷静になって目的をみつける。(M・S様 女性)