コーチングを京都で学びたい方へ coaching kyoto chapter

7月24日(日曜日)の京都チャプター2016年7月例会は、
   組織活性化コーチング~人材マネジメントの視点から~
       「部下のヤル気を上げるコーチング」

でした。

2016年1年間の通しテーマは、『組織活性化コーチング~人材マネジメントの視点から~』です。
職場や地域、家庭といった組織をイキイキと活性化させる方法を一緒に考えていきます。
組織の目的実現のために、「人を生かして」成果を上げる考え方と行動をクライアントから引き出す、
そして、「人を生かすことで組織を活かす」コミュニケーション技法としてコーチングを学んでいきます。


 「自分自身がヤル気が上がる言葉を知る」「チームメンバーのヤル気を上げる言葉の使い方を知る」ことをゴールに出発しました。
 「自分がヤル気が上がる言葉の傾向」「自分が部下のヤル気を上げようと使う言葉の傾向」があります。
 「ヤル気が上がる言葉」は大きく2つに分かれます。「ほめる」と「承認」です。

 コーチングは、コーチとクライアントが対等の関係で、
 話をしていない時にも目標達成のための影響があり、
 将来、今のコーチング関係から卒業しても、継続して力になる考え方を身につけるための時間です。

 「ほめる」も「承認」も、どちらも影響がありますが、
どちらの言葉や関わり方がより効果的でしょうか?

 ということで、2つに分け、
クライアントの「ヤル気を上げる言葉」を教えてもらってからコーチング実践を行いました。

 最後にグループごとに、普段の会話やコーチングと、「承認」「ほめる」を意識した今回のコーチング練習との感覚の違いを話し合っていただきました。
 その感覚を大切にしていただきたい、と思います。

 あなたは、ヤル気が上がる言葉をかけてもらっていますか?
 あなたは、チームのメンバーの個人それぞれのヤル気が上がる言葉を使っていますか?

DSCF006503

DSCF006506-2

DSCF006505

DSCF006527

DSCF006534

DSCF006551DSCF006546DSCF006549DSCF006547DSCF006550

8月は定休月です。
次回は9月25日(日)です。
テーマ「コーチングでストレスマネジメント1入門編」です。
参加をお待ちしています。
(すでに 申込みフォームからお申込み可能です)

2016年7月例会 組織活性化コーチング~人材マネジメントの視点から~「部下のヤル気を上げるコーチング」

講師  副代表    若狭 喜弘氏

□日 時□ 2016年7月24日(日)13:30~16:30
□場 所□ ウィングス京都 2階 セミナー室B
□参加費□ 正会員2,000円  一般3,000円

kyoto20160724

本日のセミナー全体の感想をお聞かせください。

・承認とほめるの違いを学びました。自分が承認して欲しい言葉を相手にもらった時は、モチベーションがあがりました。事業所で実践しようと思います。セッションで気づきを沢山いただきました。(匿名)
・充実した時間でした。ありがとうございました。日常生活にも、今日学んだことは役立ちそうです。(大野 孝子 様 女性)
・相手の方に未来のイメージを持っていただくことの必要性や、会話の中での承認が大切であることが学べました。チームの方々のモチベーションをあげていける言葉かけなど、今後注意して使っていきたいと思いました。(井納 正晴 様 男性)
・「ほめる」と「承認」の違いや、「承認」が伝えるものなど今まで意識して使っていなかったことが学べました。また「承認の言葉を言わないと!」と思っていましたが、姿勢や態度などからも、承認を感じとれた、というフィードバックをもらって、あらためて、非言語的なコミュニケーションの重要性を感じました。(出口 篤子 様 女性)
・本日、3回目です。徐々にコーチングがわかって来たように思います。承認することの大事さ、むずかしさ、、これからも人を大切にしていきます。今日もありがとうございました。(伊藤 文和 様 男性)
・1年数ヶ月振りの参加でした。以前は10分間のセッションの間が持たずつらかったのですが、今回の承認と言うテーマで待つ時間も承認だと気がつきました。相手を承認することで関係を築くことが出来、より話しをふかめられた気がします。(則枝 美香 様 女性)
・自分の「やる気が上がる言葉」について考え、モチベーションを上げる、上がる傾向に気づきました。「承認」とは上司から認められることだけでなく、同僚や部下からの「承認」も自分のモチベーションを上げるためには有効だということにも気づきました。セッション楽しかったです。ありがとうございました。(成宮 清二 様 男性)
・承認とほめるの違いがわかった。今後意識したい。(匿名)
・自分と違う承認をより多く得られました。(村上 弘幸 様 男性)
・今日のテーマはすごく学びがありました。特にセッションは新たな気付きがありました。ありがとうございました。(小橋 広市 様 男性)
・今日、2回目ですがほめて育てるということから承認に向かっていくことが組織の活性化につながるのだと改めて勉強できました。楽しかったです。ありがとうございました。(松浦 ときえ 様 女性)
・自分のコーチングのクセが良くわかった。できるだけゼロベースで自分を見直したかったので非常に参考になりました。(小川 隆弘 様 男性)