コーチングを京都で学びたい方へ coaching kyoto chapter

10月23日(日曜日)の京都チャプター2016年10月例会は、
   組織活性化コーチング~人材マネジメントの視点から~
       「コーチングでストレスマネジメント【応用編】」

でした。

2016年1年間の通しテーマは、『組織活性化コーチング~人材マネジメントの視点から~』です。
職場や地域、家庭といった組織をイキイキと活性化させる方法を一緒に考えていきます。
組織の目的実現のために、「人を生かして」成果を上げる考え方と行動をクライアントから引き出す、
そして、「人を生かすことで組織を活かす」コミュニケーション技法としてコーチングを学んでいきます。


 「コーチングでストレスマネジメント【応用編】」では、ストレスによる「生産性向上」を見ていきました。
 生産性とは、その人のパフォーマンスを発揮している度合いの高さのことです。

 確かに、「力を発揮できた(生産性が最も高かった)時のストレス」を思い出すことができます。
 そして、おそらくそのストレス状態の時は、これからも高い生産性を発揮することができそうです。
 このことを知ると、ストレスをむやみに恐れることが無くなり、ストレスがストレスになるような負の連鎖に陥ることが無くなりそうです。

 コーチングは、主体性を持って取り組むことを自分に許し、そのために自分の状態を観察することを促します。
 「コーチングでストレスマネジメント【応用編】」では、「これ以上のストレスは生産性を落とす」というポイントを見極めることまで含まれます。

 あなたは、自分自身のストレスレベルを観察し、きちんと対処していますか?
 また、メンバーのストレスレベルに関心を払い、
 メンバーに自身の能力を十分に発揮するストレスレベルであるか、注意を向けるように促していますか?

dscf006912

dscf006917

dscf006928

dscf006931

dscf006922

dscf006927

次回は11月27日(日)です。
特別イベント『7周年記念セミナー』です。
参加をお待ちしています。
(すでに 申込みフォームからお申込み可能です)

2016年10月例会 組織活性化コーチング~人材マネジメントの視点から~「コーチングでストレスマネジメント【応用編】」

講師  副代表    井上 泰世氏

□日 時□ 2016年10月23日(日)13:30~16:30
□場 所□ ウィングス京都 2階 会議室4・5・6
□参加費□ 正会員2,000円  一般3,000円

kyoto20161023

1.本日のセミナー全体の感想をお聞かせください。

・自分の課題に気づくことができました。(出口 篤子 様 女性)
・(参加が)初めてでしたが、聞くだけのセミナーかと思いましたが、参加式で良かった。(龍野 淳 様 男性)
・エクササイズを通してコーチングの理論を学べました。(S・M様 女性)
・自分の思いや考えていることに気づかされたセミナーでした。(福浦 孝子 様 女性)
・話しを聴くことが多い毎日で、話すことでの自己の気づきができることを知りました。そのために話してもらう環境づくりが大切だと思いました。ストレスレベルのしくみを知ることは重要で、意識できたことはよかったです。(M様 女性)

2.本日のセミナーでもっとも役立ったことは何ですか?

・コーチングとセッションの組み立て方(原邊 隆繁 様 男性)
・セッションの場で気づきを引き出す事が出来ました。(F・I様 男性)
・ストレスがあっても職場の人間関係があればよいパフォーマンスができる。(M・S様 女性)
・最高のパフォーマンスが設定する事で話しの組み立てがしやすい事に気付きました。(鈴木 英之 様 男性)
・ファシリテーターの場作り。(小橋 広市 様 男性)

3.明日からさっそく行動しようと思ったことは何ですか?

・現状とあるべき姿のギャップを埋めるための行動計画を実施します。(伊藤 康弘 様 男性)
・課題、現状を把握し、行動計画の気づきを促すときに成功体験を引き出して行きたいと思います。(成宮 清二 様 男性)
・パフォーマンスを上げられるよう、必要な勉強を続けて行こうと思います。(出口 篤子 様 女性)
・目標達成していくために、今の現状がどうかを書き出してみたいと思います。(S・M様 女性)
・意識して他のスタッフの方のことを気にかけていく。(M様 女性)