コーチングを京都で学びたい方へ coaching kyoto chapter

9月24日(日曜日)の京都チャプター2017年9月例会は、
   組織活性化コーチング実践編~人とチームの主体性を育てる~
     「コーチングで環境と時間のマネジメント」

でした。

2017年1年間の通しテーマは、『組織活性化コーチング実践編~人とチームの主体性を育てる~』です。
職場や地域、家庭といった組織をイキイキと活性化させる方法を一緒に考えていきます。
主体性とは、自分で考え、決めて、行動し、結果に責任をとる態度をいいます。
組織の目的実現のために、「人を生かして」成果を上げる考え方と行動をクライアントから引き出す、
そして、「人を生かすことで組織を活かす」コミュニケーション技法としてコーチングを学んでいきます。


 今年は、「人とチームの主体性を育てる」テーマでやってきました。
 9月例会は、チーム運営で重要な環境整備、タイムマネジメントについて考えました。

 どのチームにも、リーダーがいます。
 チームのメンバーも、主体的にチーム活動にかかわっている人は、リーダーシップを発揮しています。

 そもそも集まった、そのチームの目的のための活動だけではなく、
 活動の土台となる、環境整備とタイムマネジメントも重要です。

 事故やけがを防止し、無駄な時間を減らし、必要なところに必要なだけの時間をかけ、やりたくない不要な残業をなくすこともできます。

 9月の例会では様々な体験を持ってこられていましたが、
 「自分はどちらも考えてやっていて、それをほかのメンバーが利用してくれている。ほかの人を見て、もうちょっとなんとかしたほうがいいと思う時がある」
 「自分としてもやらなきゃいけないし、チームとして取り組まないと何も変わらないのがわかっているけれど、言い出すのもやるのも躊躇してしまう」
 (上記発言は、複数の方のご意見を組み合わせたものです)
 などの生の話をしてくださいました。

 何から考えたらいいでしょうか?
 何ができますか?
 それを広げていくには、どうしたらいいでしょうか?
 広げるのが難しいと思うのであれば、何が課題で、あなたができることは何でしょうか?
 あなたのチームが、チームで上手な環境整備、チームで上手なタイムマネジメントをしているとしたら、それはどんな環境整備やタイムマネジメントでしょうか?
 そのために、どのような道筋で実現したでしょうか?
 その時、あなたはどんな役割を果たしましたか?

 もし、あなたが最初に気づいたとしたら、自分が快適な職場環境を手に入れるためには、まずあなたが動きはじめ、仲間を増やしていくことからです。
 それがリーダーシップです。

 では、まず何からはじめますか?

次回は10月22日(日)です。
テーマ組織活性化コーチング実践編 「コーチングでプレゼンス・マネジメント」です。
参加をお待ちしています。
(すでに 申込みフォームからお申込み可能です)

2017年9月例会 組織活性化コーチング実践編~人とチームの主体性を育てる~「コーチングで環境と時間のマネジメント」

講師  京都チャプター運営メンバー 山田 善太郎氏

□日 時□ 2017年9月24日(日)13:30~16:30
□場 所□ ウィングス京都 2階 会議室3・4・5
□参加費□ 正会員2,000円  一般3,000円

1.本日のセミナー全体の感想をお聞かせください。

・久しぶりのコーチングフローをしました。色々なテーマでロープレをするのは勉強になります。(原邊 隆繁 様 男性)
・時間のとらえ方、何のためにするのかを考える機会になった。セッションの時間が多かったのは、より深い学びになったと感じました。(村上 弘幸 様 男性)
・自分自身がタイムマネジメントできていないことが振り返れました。(Y・N様 女性)

2.本日のセミナーでもっとも役立ったことは何ですか?

・タイムマネジメント「人」「物」「金」すべてに関係しますね。タイムマネジメントまさに、実践することを今回は学ばせて頂きました。(伊藤 文和 様 男性)
・日頃から思っている、環境時間管理をいかにチームですすめるかといういいきっかけになりました。(N・H様 女性)
・自分の興味でない、相手が興味のあることに興味を持つことが大切という言葉はしみました。(Y・J様 女性)

3.明日からさっそく行動しようと思ったことは何ですか?

・頭で覚えることもまだまだコーチング勉強始めたばかりでたくさんあるのですが、恐がらずにたくさん実践しようと思いました。(匿名 女性)
・時間厳守(匿名)
・職場での短いコミュニケーションの頻度を増やす。(匿名 女性)