コーチングを京都で学びたい方へ coaching kyoto chapter

 今年(2017年)は、年間テーマ「組織活性化コーチング実践編~人とチームの主体性を育てる~」を掲げ、毎月の例会で必要なことを学び、トレーニングしてきました。
 8周年記念セミナーは、その集大成として、
 かつ、次への一歩のキーワード「つなぐ力」を考える場にします。

 チームの目的実現に向けて、あなたがリーダーに抜擢されたとしたら、
 メンバーが機能するように、チームづくりする力を磨いていく必要があります。
 メンバーの一員であったとしても、主体的に成果を出していくためには、「メンバーとしてのリーダーシップを発揮した」チームづくりする力が必要です。

 それが、

    『つなぐ力』

 です。

 自分ひとりで出す成果と、チームで出す成果は、質・量ともに違います。
 何より、自分ひとりで調整しつつやるのと、
 チーム力が発揮できるようにやっていくのとは、
 求められる能力、実際の行動、視点、心構えなど、すべて違います。

 8周年記念セミナーでは、求められる代表的な能力である「つなぐ力」を取り上げます。

 チームが機能するためには、メンバー同士が主体的に活躍し、
 お互いに尊重しつつ、チームとしてつながり続ける必要があります。

 まずは、「つなぐ力」とは何か?を考え、
 「つなぐ力」をつくりだすためのコーチングを学んでいきます。