コーチングを京都で学びたい方へ coaching kyoto chapter

睦月

 二十四節季では「冬至(とうじ)」です。
 冬至当日の22日には、時季にちなんだことをされたでしょうか。
 これから昼間が長くなっていきますが、しばらくは朝の日の出は変わらず、夕方が遅くなるのみです。
 節季でみると、「冬至」は冬本番に至ったという意味です。
 太陽や天体には先に冬がやってきて、気象は遅れてピークを迎えます。
 京都は「走り」よりも、「旬」や「名残り」を大事にします。
 どこに目を向けるかで、目標を目指してやってきた成果の評価が変わってきます。
 普段はどこを見ていますか?
 (若狭)