コーチングを京都で学びたい方へ coaching kyoto chapter

1月28日(日曜日)の京都チャプター2018年1月例会は、
   組織活性化コーチング実践編2
       ~チームメンバーの『つなぐ力』を強める~
      「チームメンバーの『つなぐ力』を強めるコーチング」

でした。

2018年1年間の通しテーマは、
『組織活性化コーチング実践編2~チームメンバーの『つなぐ力』を強める~』
です。

組織(チーム)とは、メンバー間で共有する目標を達成するため、
 メンバーそれぞれに役割や機能が割り当てられている集団のことです。
『つなぐ力』とは、メンバー間で相互作用が発揮される関係を築き、深める力をいいます。

今年は、チームの目標を達成するために、
昨年のテーマ「メンバー一人ひとりが主体性を発揮する」を土台とした上で、
メンバー間の『つなぐ力』を強めるコーチングを学んでいきます。


 今年は、「チームメンバーの『つなぐ力』を強める」がテーマです。
 1月例会は、参加者それぞれのチームの『つなぐ力』の現状と理想とする姿を考えました。

 『つなぐ力』を強くするためにどのような視点が必要で、
 今の自分のチームの課題は何か、
 そもそも、どのようなビジョンがあって、
 どのように『つなぐ力』があるチームを目指すのか、
 今後取り組みたいこと、
 自分はどのようにかかわっていくか
 を考えていきました。

 今年は
 「『つなぐ力』が強いチームを作るために、
 あなたは何をポリシーにしてどのようにかかわっていくか?」
 を問いかけていきます。

 この問いについてコーチングで答えていくこと、
 チームに戻ってメンバーに問いかけていくこと
 が有意義な体験になります。

 もちろん、そのためのコーチングのやり方も、丁寧にお伝えしていきます。

~~~~~~~~~~

 今年は、「自分の体験を語る」こともテーマです。
 コーチングを受けるときに、「自分の体験を正直に語る」ことが大切です。
 そして、その時に何を感じていたか、向き合うことです。
 そのことによって、コーチングの成果を手にできます。

 チームのメンバーに対しても、「自分の体験を正直に語る」ことで、
 「メンバーの体験を正直に語ってもらう」ことを引き出せます。

 京都チャプターの例会で、「自分の体験を語る」練習にもチャレンジしてください。

次回は2月25日(日)です。
テーマ組織活性化コーチング実践編2 コーチングの技法1「傾聴で「つなぐ力」を強める」です。
参加をお待ちしています。
(すでに 申込みフォームからお申込み可能です)

2018年1月例会 組織活性化コーチング実践編2~チームメンバーの『つなぐ力』を強める~「チームメンバーの『つなぐ力』を強めるコーチング」

講師  副代表    井上 泰世氏

□日 時□ 2018年1月28日(日)13:30~16:30
□場 所□ ウィングス京都 地階 音楽室
□参加費□ 正会員2,000円  一般3,000円

1.本日のセミナー全体の感想をお聞かせください。

・今年も続けたいと思います。今日のセミナーでそう思いました!(N・T様 女性)
・初頭のご説明、コーチングの体験、そして共有との流れがいいです。(I・K様 男性)
・コーチングについて理解が深まった。(吉崎 礼子 様 女性)

2.本日のセミナーでもっとも役立ったことは何ですか?

・私のタイプがわかりました(アナライザーだそうです。)(匿名 女性)
・自分の思いを話せることがよかった。(N・O様 女性)
・問題に焦点を当てすぎないようにしたいと思います。(匿名 女性)

3.明日からさっそく行動しようと思ったことは何ですか?

・自分の成長を含めてチームを見ていく!(匿名)
・関わっている全員とコミュニケーションを図っていく。(匿名 男性)
・コーチングフローを意識してみること。どんどんアウトプットしていく。(匿名 女性)