コーチングを京都で学びたい方へ coaching kyoto chapter

先日(日曜日)の京都チャプター6月例会 <達人コーチが備える力>「質問する力」でした。

「質問」は、クライアントが気づきを得るための強力なツールの一つです。

コーチング・エクササイズ(練習)では、
オブザーブ役が、コーチ役の質問をすべて記録しました。
その中から、効果的だった質問を拾い出していただきました。

コーチは一所懸命にやっています。
前半に学んだことも脇に置いて一所懸命にやっています。
ですから、自分がした質問を記録してもらえるのは、セッションを振り返るのにとても有効なのです。
『コーチの「超」達人』は、自分のセッションを自分で書き起こしているそうですよ。

質問を創り出すコツは、「コーチの心得」を十分に理解していること、そして、「視点の地図」を頭の中に持っていて、クライアントが見ていない視点から見るように促す言葉を考えることです。

コーチとして、まずこの2つを使いこなせるよう、繰り返し練習してください。

DSCF002818

次回は、7月27日(日)です。
テーマ「リクエストする力」です。
参加をお待ちしています。
(申し込みフォームは7月第1週には用意し、整い次第お知らせします)

2014年6月例会 達人コーチが備える力 「質問する力」

講師  京都チャプター 副代表   若狭 喜弘氏

□日 時□ 2014年6月22日(日)13:30~16:30
□場 所□ ウィングス京都 2階 ビデオシアター
□参加費□ 正会員2,000円  一般3,000円

kyoto20140622

【感想】

1.本日のセミナー全体の感想をお聞かせください。
・「質問」はむずかしいスキルですが、全体的な説明で分かりやすかったです(原邊隆繁 様 男性)
・参加してよかったです。充実した内容で仕事にも生かせると思います(N・H様 女性)
・質問がいかに重要か身にしみて理解できました(S・I様 男性)
・あらためて、決定することはクライアント自身ということを気がつきました(坪内淳子 様 女性)
・エクササイズを通して、質問することの難しさ、タイミングを実際に感じることができた(K様 女性)

2.本日のセミナーでもっとも役立ったことは何ですか?
・コーチは視野を広くもつことが大切だと思います(山田友紀 様 女性)
・コーチングエクササイズ、みなさんからのフィードバック(Y・M様 女性)
・聞く。ポイントを絞って質問する手法。どの質問が相手に刺さるか?(M・Y様 女性)
・質問する力がつきました。加速、やめる、かえてみるの3つの視点でこれから意識したいと思います(M・T様 女性)
・目標の先にスポットをあてる(原邊隆繁 様 男性)

3.明日からさっそく行動しようと思ったことは何ですか?
・相手が答えやすい質問をすること(N・H様 女性)
・ていねいに聞く。話しやすい聞き方をする(坪内淳子 様 女性)
・効果的な質問する内容を考えていこうと思います(Y・M様 女性)
・指示するように感じない質問をしようと思った(K様 女性)
・答えは先に言わない。相手に気づいてもらうこと。つまり話すぎないでだまろうと思います(M・T様 女性)