コーチングを京都で学びたい方へ coaching kyoto chapter

神無月

 二十四節季では「秋分(しゅうぶん)」です。
 秋分は、秋のちょうど真ん中の日付を示します。
 今年は、秋に限っても、いろいろありました。このメッセージをお読みということは、無事に乗り越えてこられているようで、何よりです。
 台風21号を経験し、日本でも島では毎年この風と雨が来ているし、住んでいる人は受け入れているんだと思いを馳せていました。
 今の時点では、自然の威力を正しく知り、適切に怖がり、適切に対処し、普段から適切に用意しておくことを実感として教えられたと思っています。
 そして公共交通機関が、「動かないこともサービス」を実践したのも大きかったですね。
 私たちは、一つの身体で、24時間しか持っていません。がんばってもそれ以上は使えません。そして、どのように使うか、自分で決めていいんです。
 「動かないこともサービス」「やらないことを決める」
 そのうえで、「自分が本当にやりたいことは何か?」「やらなければならないことは何か?」をときには自分に問いかけてみてください。
 (若狭)