コーチングを京都で学びたい方へ coaching kyoto chapter

水無月

 二十四節気では「小満(しょうまん)」です。
 あらゆる生命が満ち満ちていく時期ことです。また、麦秋の時期で穂がついて少し満足するという意味もあるそうです。
 「少しの安心」「少しの希望」って、私たちが生きていくためにかなりの力になるものですね。対する「ぜったいの安心」「おおきな希望」よりも、現実感を大きく感じられます。
 今、「少しの安心」「少しの希望」を感じているものは何ですか?視線を向け、夏に向けて大切に育てていきましょう。
 (若狭)