コーチングを上手になるにはどうしたらいいですか?

Q
本を読んでも、セミナーに参加しても、情報としては納得できるのですが、密かに職場や家族に対して使ってみてもうまくいきません。
どうしたら上手になりますか?

京都チャプター例会(勉強会)などのセミナーでは、
各スキルのレベルを高めるテーマだったり、
日常生活への応用として、シチュエーションを決めてその中でのコーチングの使い方を学んだりします。
それ自体は大切なことです。
でも、「セミナーを受けても、コーチングが上手にできない」という悩みをお持ちになる方も多くいらっしゃいます。
それは、実践が不足しているのです。
  ・とにかく実践練習をしましょう。
  ・「コーチングをします」と宣言してやりましょう。
  ・フィードバックを受けましょう。
とセミナーの中でもお伝えしています。
コーチングを上達するためには、コーチングをするしかありません。
適当なクライアントが身近にいらっしゃらないこともあります。
また、自分がコーチングと思ってやったことが本当にコーチングだったか、判断できないこともあります。
そんな時には、身近なコーチにコーチングを依頼してください。
それも、
  ・あなたがコーチ
  ・コーチがクライアント
として。
的確なフィードバックを受け、ディスカッションをすることで、コーチングへの理解が進み、コーチングも上手になることでしょう。
なお、さらに上達するには、個別のスキル・レベルを上げること、コーチング以外の分野の知識・実践力も必要になってきます。