対面の面談が多いから、「聴くだけで診断」は私には不要かな、と思う方へ

 対面すると、たくさんの情報が入ってきます。
 目や耳や体温や息遣いなど。
 目からは、服装、上気した顔、手や目の動き、窓から見える景色などが見えます。
 だからこそ、
 今回は会話に集中してトレーニングする

 内容としています。
 会話の内容:

  • ゴールに向けた会話ですか?
  • コーチが誘導していませんか?
  • 会話になっていますか?
  • 話している話題は、本当に同じものですか?

 会話の質:

  • 会話にラポール(信頼感)がありますか?
  • コーチ、クライアントともに理解できる言葉を使っていますか?

 声:

  • お互いに相手に届く声の大きさですか?
  • クライアントが受取りやすい大きさですか?
  • クライアントが心地よいと感じるリズムですか?
  • クライアントが考える “間(ま)” がありますか?

 ほかにもたくさんチェックポイントがあります。
 あなたがコーチである時にセッションの間中、たくさんのチェックポイントに注意を払い続けるのではなく、

  • チェックポイントが何かを知っていること
  • チェックポイントを外したなと気づく、気づき方を知ること

 
 が必要なのです。
 人は驚くほど、視覚に頼っていて、
 気が散らされたり、影響を受けているものです。
 視覚をシャットダウンして集中するトレーニングは、
 あなたの「コーチング力」を上げるための「トレーニング」として、かなり有効です。